FC2ブログ

「みほログ」の住人

みほこ

Author:みほこ

いくつになったの?
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋のリンダへ。

リンダちゃんへ。

linda_20111010234048.jpg

あなたが眠るように天国へ旅立ってから、もう1ヶ月が経ちました。

15歳と4ヶ月と19日間。
この世で過ごした日は5621日。
出会った時のあなたは生後2ヶ月弱だったから、5500日以上も一緒にいたんだよね。

旅立ちの日の直前まで元気にしていたよね。
楽しそうにお散歩をして、かいがいしくミントのお世話をして、
まとわりついてるビオラやくららを一喝して、しろべえを背負って眠る。
いつもどおりの穏やかな毎日が、このままずっと続くと思ってた。
あなたと一緒にいられる時間が、そんなにも残り少ないなんて思ってもいなかった。

12日前。
2月11日の土曜日。
朝はいつもと変わらない様子だったのに、外出して、夜帰ってきたら具合が悪くなっていたね。
平衡感覚が無くなって、フラフラしてお水も飲めない状態だった。
その日の夜は、このまま死んでしまうんじゃないかって不安で仕方がなかった。
突然、こんなに急に具合が悪くなるなんてどうして!?ってびっくりしたよ。

11日前。
2月12日の日曜日。
病院で輸液と神経系に効果のあるお薬を注射してもらったね。

10日前。
2月13日の月曜日。
一晩寝たら見違えるほど元気になって、朝は元気にお散歩したね。
やっぱりリンダは不死身なんだ!って、頼もしく思ったし安心したよ。
この時は、まだもうしばらく一緒にいられるかもって思ってた。

それから3日間はいつもと変わらない様子。
体調不良は一時的なものだったんだ!って安心してた。

7日前。
2月17日の金曜日。
週末よりももっと具合が悪くなったね。
低血糖で、「今すぐ心臓が止まってもおかしくない状態」って言われたね。
その日から、血糖値を上げるために1時間おきにハチミツ(砂糖)水を飲む生活が始まったね。
ごはんも、カリカリはもう喉を通らなくて、ヤギミルクみたいな流動食になっちゃったね。

それからの日々は、毎日一進一退の体調。
あきらめの悪い私もさすがに、
“もうリンダは行こうとしているんだ。一緒にいられる時間は長くはないんだ”
って認めざるをえなかった。
覚悟しなくちゃいけない時が来てたんだよね。

4日前。
2月19日の日曜日。
ふと気がつくと、寝ていたはずのリンダがしっかりと自分の足で立ってた。
リンダが自力で立っているのを見たのは、あの時が最後だった。

リンダ。
後ろ足を動かすことが難しくなった後でもあなたは、
オムツも、ベッドに敷いたペットシーツも拒否して、
何とかしてトイレに向かおうと頑張っていたね。
本当に偉かったね。

寝たきりだったのはたったの3日間。
リンダからたくさんの幸せをもらったから、今度は私がお返しをする番だった。
それなのに、介護することさえ許してくれなかったね。
もっと甘えても良かったんだよ。
もっと飼い主の手を煩わせて良かったんだよ。

旅立ちの日。
2月23日の木曜日。
家族が見守る中、私の腕の中で静かに静かに息を引き取ったんだよね。
意識が遠くなって、呼吸が止まって、最後に心臓の鼓動が完全に止まってしまうまで
ほんの数分間。
3分くらいだったかもしれない。

ありがとう。
また家に帰ってきてね。
大好きだよ。
最期の瞬間まで、そう話しかけ続けた家族の声はちゃんと届きましたか?

あの日は朝から雨が降っていて、どんよりした灰色の空が広がっていたのに、
あなたが息を引き取ると間もなく雨が止んで、お日様が顔を出して、
急に空が明るくなった。

2年前に一足先に虹の橋に旅立ったお姉ちゃんのカリブが迎えに来たんだね。
明るい空の中、一緒に虹の橋へ向かったんだね。

会いたくて会いたくて仕方のない、大好きなカリブ。
なかなか、夢にも出てきてくれないカリブ。
リンダは一足先に会えたんだと思うと、少し羨ましいです。

体調を崩してからたった12日間。
あまりにも急で、まるで夢のようにあっという間の時間だった。
今でもどうしたらこの夢から覚めるんだろうって、呆然としているよ。

今思えば・・・。
神様のところに帰る時がもう来ていたのに、
ダメダメな弱い飼い主の心の準備ができるまで待っててくれたんだよね。
最後の12日間はリンダがくれた最後のプレゼントだったんだよね。

「もう頑張らなくていいんだよ。リンダが行きたい時に行っていいんだよ。」
そう私が話しかけると、間もなく旅立ったね。

“最期の瞬間には、どうか苦しまないで。一人ぼっちで行かないで”
それが家族みんなの願いだった。
その思いに応えるように、一切苦しむことなく、家族が見守る中息を引き取った。
「老衰」という、家族の心に1番ダメージが少ない形で旅立っていった。
本当に家族思いの優しい子。
いい子だったね。

今でもまだ信じられないんだよ。
いつも傍らにいてくれたリンダがいないなんて。

15年間も一緒にいてくれた。
なにより、リンダの血、遺伝子を受け継いだ子供たちを残してくれた。
これ以上は望みようもないほど理想的な「その時」だった。
だけどこの寂しさはどうにもならない。
まるで自分の一部が一緒に死んでしまったような喪失感。

毎日、どうしよう、どうしようって思っています。
もうリンダに会えないなんて、どうしよう。
もうリンダに何もしてあげられないなんて、どうしよう。
弱い飼い主でごめんね。

リンダ。
いつも、どんな時でもそばに寄り添っていてくれてありがとう。
いい飼い主じゃなかったかもしれない。
それでも、好きでいてくれてありがとう。
いつでも1番の味方でいてくれてありがとう。
うちの子になってくれてありがとう。

縁あって出会った私達だから、絶対にまた会えるよね。
その時には、もっとわがままになっていいんだよ。
もっともっと甘えるんだよ。

あなたの丸くてくりくりした優しい目と、ぴんと立った大きなお耳が大好きです。
あなたに会えて、本当に幸せでした。
あなたと一緒にいられて、本当に本当に幸せでした。
ありがとう、リンダ。
ずっと、ずっと、大好きです。

IMG_2175_20101130014955_20111010234049.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : イタリアングレイハウンド
ジャンル : ペット

コメント

Secret

No title

みほこさん。
私、リンダちゃんが虹の橋へ旅立ったこと今知りました。
ずっとブログのチェックもなにもしていなかった。
そんな大変なときにそらの心配までしてくれて、
本当に、本当に、ありがとう。

みほこさんの文章を読んで、リンダちゃんとみほこさんが
出会った奇跡が、なんてたくさんの愛と愛情の日々をを
生んできたんだろうって、リンダちゃんが亡くなった悲しさと一緒に、私の心まで温かい気持ちになりました。
大好きなみほこさんに見守られながら旅立つことができて
リンダちゃんは幸せだね。
大切なみほこさん家族と過ごせた幸せな日々も、
リンダちゃんの血をひく子供・孫・ひ孫ちゃんとの時間も、
リンダちゃんの宝物として
虹の橋の新居に持って行ったんだなって思います。

今度お会いしたときは、たくさんたくさんリンダちゃんの
思い出話を聞かせてください。

心から、ご冥福をお祈りいたします。
リンダちゃん、ありがとう!!

No title

大丈夫!!また絶対に会えます。
大好きな人のところには必ず帰ってくるんですよ。
私はそう信じてます。

以前ウサギを飼っていたんですが、その子がとってもなつっこかったんです。なでて~ってすり寄ってくるし(笑)グリはその子に似ているのです。表情も撫でてもらうのが大好きなところも。
グリはウサ吉くんの生まれ変わりなんだと私はそう信じています。
カリブちゃんリンダちゃんにもきっと会えます!!

リンダちゃん

たくさんの愛情をうけて、たくさんの命をつないだリンダちゃん。
ご冥福をお祈りいたします。
こうして最後のときを書き留めることができるようになって、落ち着かれたのかなと思いますが、読んでる私は涙、涙。。。。
本当にリンダちゃんはみほさんちの仔になって最高の人生(ワン生)だったですよーーーー!!!
きっと虹の橋の向こうでは穏やかに、そして笑顔で待ってくれているでしょうね。

> カヲり。さん

優しいお心遣い、本当にありがとうございます!!
カヲさんのメッセージ、きっとリンダに届いて、喜んでいますi-176

わが子に何かしら心配事がある状態で、こういう内容の記事は精神的によくありません!!
なので、カヲさんが気がついていなくて良かったi-228
ミントの親戚さんのそらさんは、(勝手に)身内も同然i-189
また一緒に遊びましょうね!(お言葉に甘えて、たくさん語っちゃいますよw)
みんな元気に再会する日を楽しみにしています♪

> グリママさん

そう。きっと何度でも再会できるんですよね!
ウサ吉くんはグリちゃんとして、グリママさんのところに
戻ってきてくれたんですね。
素敵ですi-176

私も信じています。
きっと私には分かるはず!

グリママさん。
力強いお言葉に励まされました。
ありがとうございます!!

> shisoさん。

うわぁ、shisoさん!
こちら(みほログ)では「はじめまして」ですよね。
ありがとうございます!

最後の12日間。
私はリンダとたくさん、たくさんお話をしました。
リンダの具合が悪くなってしまって、つらい時間だったことには変わりませんが、
今までで1番、心が深く・強く通い合った時間だった気がします。
12日間の思い出をちゃんと残しておきたかった。
2度に渡って、長~い記事になってしまいましたが、読んでいただいてありがとうございます!

はじめまして。

私も昨年5月に愛犬ルイを亡くしました。具合が悪くなって12日目にリンダちゃんと同じ15歳での旅立ちでした。「一週間は持ちません」との獣医さんのお言葉でしたが、転勤で遠方にいる娘がやっと休みがとれて夜中に帰省するまで意識があり、翌朝早くに亡くなりました。
きっと一番好きな娘を待っていたんだと思います。
その後2頭のイタグレを飼い始めましたが、我が家のリビングと娘のアパートには笑っているルイの写真で一杯です。15年間を共に過ごしたのに僅かな時間で旅立つのは辛いですね。
数頭のワンコとの別れがありましたが、皆今でも我が家の家族です。
大切な思い出を、懐かしく思い出す日がいずれやってきます。
お寂しいでしょうが、その日までリンダちゃんの事、一杯想ってあげて下さいね。

> ミミちゃん&アンディ君のママさん

はじめまして。
メッセージありがとうございます。

みんな、いつまでも大切な家族。
本当にそうですね。
姿が見えなくなって、ぬくもりに触れることができなくなって、
今はただただ寂しい気持ちでいっぱいですが、心の中では
これからもずっとずっと変わらずに、一緒にいてくれるんですよねi-228

あっという間の12日間。
短すぎる12日間。
1日でも長く一緒にいたいと思う一方で、具合の悪い時間が長く続かなくて良かった。
とも思い・・・なんとも複雑な気持ちです。

ルイ君は大好きなお姉さんを待っていたんですね!
コメントを拝見し、ルイ君の健気さに感動して、心が温かくなりました。
わんこって、いいですよねi-176

リンダは今頃、虹の橋でルイ君と出会っているでしょうか?
いつかお会いする機会がありましたら、ルイ君のお話を聞かせて下さいね。
ミミちゃんが胸に飛び込んできてくれる日を楽しみにしています。

ランキングに参加しています
1日1回、クリックで応援していただけたら嬉しいです♪
カレンダー&アーカイブ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
最新記事
CATEGORY
最新コメント
苗木植樹プロジェクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。